淫乱と称する人妻

自ら淫乱と称する人妻が、体験入店を前提に
風俗求人サイトの風俗求人の熊本【いちごナビ】から応募してきた。

35歳の彼女はスリーサイズ

T:159cm/B86cm(D)/W:60cm/H:85cm

ムチムチした体と、エッチが大好きだという性格が、業界未経験にも拘らず
何の躊躇もなしに、風俗の求人サイトに応募してくる事となった。

自己申告どおり、彼女は私とホテルに入るや否や、私のズボンをずらして
いきなりペニスを咥えだして、シャツの隙間に手をいれて、両方の乳首を
触り始めた。

更に私の手を自分の胸に当てて、ペニスを咥えながらモゴモゴと

「よかったら、私のオッパイも触ってください…」

と、上目遣いの表情でお願いをしてきた。

こんなお願いのされ方をしたのは五反田風俗スタイルで風俗店を選んで以来の事です。

「私、こうやって男性のおチンチンを咥えながら、おっぱいを触られると、凄く興奮するんです」

と、非常に変わった性癖を暴露してくれた。

「それじゃ、私も気持ちいいし、このまま咥えてもらいながら、おっぱいをさわらせてもらおうか」

と、彼女の希望を聞くように、私はブラジャーのボタンを外して、両手でブラジャーの隙間に手を入れて
乳房を揉みながら、乳首をコリコリと愛撫して、彼女の体を触る。

すると、柔らかいオッパイの上に乗っかっている乳首はみるみる勃起していった。

乳房と乳首を刺激された彼女は、更に性的興奮度が増して、咥えていたペニスへの愛撫を
強めにしはじめた。

ねっとりと嫌らしい唇は、ヨダレまみれで、その唇を亀頭の周りにパクリと咥えながら
下の先で、亀頭の先端をチロチロと舐めながら、竿の部分を時折、ツーと伝わせるように
舌先で舐めてくれた。

このような女性が必ずといっていいほど風俗旭川求人【いちごナビ】などの優良風俗求人サイトを見ているものです。

すっかりとビンビンになった私のペニスは、彼女の口の中には納まりきらないほどであった。

思わず私は、彼女の頭を掴んで、イラマチオの状態にして、激しいフェラをしてもらい
まずは彼女の口の中で射精をする。

彼女は私の精子を何の躊躇もなく飲み干して、まるでおいしいサプリメントを味わったかのような
雰囲気で、もっと飲ませてといわんばかりの表情を無言で浮かべ、にっこりとしながら私の手をとり
ベッドへと誘う。

そして今度は私が彼女の性器を口で愛撫する。

仰向けに寝かせて、足を開かせて彼女の股間に顔を埋めると、目の前にはすっかり濡れた
割れ目が目に入ってきた。

赤く大きく充血しているクリトリスは、口で含むのに十分であり、まずはクリトリスをチロチロと舌の先
で嘗め回し、指を膣の中に入れて、ソフトに愛撫してあげると、アンアンと犬の鳴き声のような
声を出して、すぐにいってしまった。

こんな風俗嬢と出会えたのも、埼玉風俗スタイルなどの優良風俗サイトのおかげです。